空冷式チリングユニット(空調用熱源機器)凝縮器の薬品洗浄

■作業箇所

空冷式チリングユニットの熱交換器(冷水と冷媒の熱交換を行う箇所)の冷水側の薬品洗浄を行いました。

 

■作業内容

既設の配管を取外し、薬品洗浄用のバイパス管を設置し、水を仮設ポンプで循環させ、まずは水漏れが無いか確認を行いました。

その後、酸性の洗浄剤を投入し、循環させ、反応により発泡が起き、循環している薬品が濁っていきます。反応が弱くなって所定の時間が経過した後に、アルカリ性の中和剤を投入し、中性を示したら洗浄を終了します。

その後、再度水で循環を実施し、錆や濁りが無いことを確認して、配管を復旧し終了しました。

 

■感想

空調器として一番大事な熱交換部、この部分を洗浄し、空調器本来の効果、効率を高めることができました。

 

■洗浄風景

配管バイパス 循環回路

▲配管バイパス                        ▲循環回路

水循環 酸性薬品投入

▲水循環                            ▲酸性薬品投入

洗浄中 洗浄中

▲洗浄中                            ▲洗浄中

中和作業 洗浄後の[水循環

▲中和作業                           ▲洗浄後の水循環

ページの上部へ