5年ぶりに行った石川県内の下水道終末処理場の消化タンク消化汚泥引抜管200Aの薬品洗浄

5年ぶりに行った石川県内の下水道終末処理場の消化タンク消化汚泥引抜管200Aの薬品洗浄

作業箇所

5年もの月日で付着したマップ(リン酸マグネシウムアンモニウム)の除去を再び薬品洗浄で行うことが決定した。配管内の詰まり具合は、以前に比べまだ余裕のある状態であり、今回は早めの対処といった状況で行われることとなった。

作業内容

以前と同様ではあるが、使用する薬品が変更された。ステンレス材質に影響を及ぼさない有機酸の薬品を主とした。例年にはない12月では多くの雪が降りしきる中、行いました。この施設は地下1階から5階ではあるが、1階のスパンが高く、通常の7階建てに相当する感覚で、階段の上り下りには相当、足腰が鍛えられる現場です。

感想

5年前に行った時よりも付着物による閉塞の度合いがひどくなかった為、それほど時間をかけずに洗浄する事ができ、結果もスッキリと配管内部の地肌が出るまで付着物が取り除け、満足出来るものとなりました。今回は早め早めの対応で双方安心できる結果になったと思います。

作業風景

資材搬入

資材搬入

資材搬入

資材搬入

仮設タンク、ポンプ設置

仮設タンク、ポンプ設置

薬品投入作業

薬品投入作業

洗浄中

洗浄中

中和中

中和中
ページの上部へ