赤水対策に!
薬品を使用せず、圧縮空気のみを用いた人にやさしい特殊工法で、暮らしにきれいな水を。

汚れたコップで水をのみますか?水道管も汚れています。

大切な人に汚れたコップで水をさしあげますか?
学校等の公共施設やマンション等の集合住宅の貯水槽は、年に1回以上の清掃が義務付けられています。
それに繋がる水道管をクリーニングをしないのはなぜ?
汚れたコップで水をあげているのと同じですよ!
きれいな水をきれいなままに! そのためには水の容器、水道管が汚れていてはどうしようもありません。
水道管も貯水槽と同様、日々汚れていきます。
定期的にクリーニングすることこそ、子どもたちや大切な人を守ることになるのです。

水道管のクリーニングはJAB工法で

「飲料水を運ぶ水道管だから安全な方法で洗浄したい。また、定期的に水道管をクリーニングするのだから、費用が安く工期も短い方がいい」といったご希望に応えるのがこのJAB工法[Jet・Air・Bubble]です。

JAB工法とはコンピューター制御された圧縮空気を断続的に通水状態の水道管内に打ち込むことにより、高速流体を発生させ、その衝撃力と流体通過時に起こる壁面への負圧効果、更に泡が弾ける力を併用する洗浄工法です。
従来の圧縮空気による給水管洗浄工法と大きく異なる点は、コンピューター制御、この点にあります。単調なワンパターンで圧縮空気を打ち込むのではなく、不規則で多様なパルスパターンをコンピューター制御して打ち込むこと(特許工法)により、格段に洗浄能力を高めることができました。これにより一般住宅から公共施設等大きな建物までの洗浄を可能にし、洗浄時間も従来のものより大幅に短縮されました。

JAB工法によって除去された水道管内の汚れ

※JAB工法によって除去された
水道管内の汚れ
  • 特徴と市場性へ進む

給水管洗浄をお考えの方へお試しJAB洗浄機レンタル無料サービスを始めました。

ページの上部へ