一般家庭での漏水調査と修繕

一般家庭での漏水調査と修繕

調査前状況

「漏水しているようだ!」の問い合わせがあり、現地確認。
確かにどこも使用していない状況で水道メーターが回っていることを確認した。

調査内容

各蛇口などの見えている部分に電子音聴器を当て、漏水音をキャッチ。
一般家庭の塩ビ配管の場合はほとんどがこれでわかることが多い。
昔のように鉄管が使われていると漏水音があらゆる蛇口に伝わるため、なお一層難しくなる。

結果・感想

今回は外の駐車場の横に設置されていたコン柱と呼ばれる水栓の下場が漏れていたようだ。
ピンポイントで漏水が分かったため、修繕費は安く済みました。

配管の経年劣化の状況によっては、ピンポイントで分かっても直すことが不可能な場合もあります。
また漏水は1箇所とは限らないため、その部分を直し、再度、水道メーターを確認。そこで量水器が回らなければ完成ということになります!

施工事例写真

漏水箇所のコン柱

漏水箇所のコン柱

コン柱の下を掘削(漏水箇所)

コン柱の下を掘削(漏水箇所)

漏水箇所の修繕

漏水箇所の修繕

漏水箇所の修繕

漏水箇所の修繕

修繕完了

修繕完了
ページの上部へ